漢方でチョコレート嚢腫の症状が改善したと言う人も実際にいます。 但し、絶対に漢方で改善出来るという訳ではなく、使うと改善出来る可能性が高くなると思った方が良いでしょう。 漢方は病院の薬とは違い、その病気自体に作用する成分は含まれていません。 あくまでも、心と体の状態を整えて、症状を改善することを目的としている薬です。 そのため、即効性はなく、長期間服用しないといけませんが、副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)が少ないという利点があります。 また、病院の薬と併用することで、相乗効果が生まれることもあるでしょう。 ただ、併用すると副作用を起こす可能性もあるので、自己判断で併用せずに医師に必ず相談するようにします。 チョコレート嚢腫に効果があるといわれている漢方は、以下の通りです。 ・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) ・桃核承気湯(とうがくじょうきとう) ・キュウ帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん) ・血府逐於丸(けっぷちくおがん) ・冠元顆粒(かんげんかりゅう) ・折衝飲(せっしょういん) ・キュウ帰膠艾湯(きゅうききょうがい(帰宅時の習慣にしておけね、風邪の予防につながるでしょう)とう) ・田七人参(でんしちにんじん) 一般的に、桂枝茯苓丸や桃核承気湯が使用されますが、効果が薄い場合はキュウ帰調血飲第一加減や血府逐於丸などが使用されます。 そして、キュウ帰調血飲第一加減や血府逐於丸の効果をアップさせるために、冠元顆粒や折衝飲を配合する事もあるらしいです。 キュウ帰膠艾湯や田七人参は、出血が多い場合に用いられるようですー