学生が50万円借りる方法

学生が50万円を借り入れできる条件とは?


銀行で借り入れを行う場合では、アルバイトやパートは借入対象外となることがあります。
それに対して、消費者金融の場合では、学生であってもアルバイト収入を見込むことができる方は借入の対象となり、消費者金融の基準に準じた金額の借り入れを行うことが可能です。

  • 直近半年間で月1回以上就業していること
  • 20歳以上であること
  • 申し込み時点で就業していること

これらが最低条件となります。
これらは消費者金融によって多少の差がありますが、この3点を満たしていれば、とりあえず申し込みは行うことができると考えられます。

 

申し込みの手順

  1. まずは学生でも申し込み可能かどうかと申し込み方法を確認しましょう。WEBサイトから申し込みを行える消費者金融が便利です。
  2. 次に身分証明書(運転免許証や健康保険証)と、アルバイト先の給与明細(直近の1カ月分または2ヶ月分など、消費者金融の基準によって異なります)を用意します。
  3. WEBサイトから必要事項を入力して申し込みを行います。
  4. 仮審査に通過した場合には、消費者金融から申し込み確認の連絡が、電話またはメールで入ります。また、仮審査を通過することができなかた場合でも本人宛に連絡が入りますが、この場合ではメールのみの連絡となることもあります。
  5. 自動契約機または振り込みで借り入れを行うことができます。また、返済は専用カードまたは振り込みとなりますが、専用カードの場合では、後日、ご自宅に専用カードが送付されてきます。その際には本人特定郵便の受け取りとなりますので、専用カード到着日時を事前に確認しておき、必ずご自身で受け取りましょう。

 

以上が大まかな借り入れの流れとなりますが、中小規模の消費者金融によっては振り込み融資に対応しておらず、自動契約機のみの対応となることもあります。
その際には最寄りの自動契約機がある場所まで出向く必要があります。
審査の基準や学生でも利用しやすい、審査の早さなどを考えるとテレビCM等で有名な大手の会社がおすすめです。

 

即日融資について

自動契約機のみで融資を行っている消費者金融の場合では、15時以降の申し込みでも即日融資を受けることができる場合があります。
ですが、振り込みでの借り入れを希望される場合では、午前中あるいは13時までの申し込み分のみ、即日融資に対応というように、申し込み時間に制限が設けられていることもあります。
もしも即日融資を希望されるのであれば、できる限り午前中に申し込みを行っておくことが望ましいといえるでしょう。

学生が50万借りるためにおすすめのキャッシング

 

 
プロミスの特徴

プロミスは初めて利用する場合は30日間無利息で利用できるサービスがあるのでお得ですね。(ただしメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。) WEBで取引が完結できて、急いでる場合は来店不要で借りれるので便利です。

利用限度額 500万円
評価 評価5
申込資格 満20歳〜69歳でご本人に安定した収入がある方。学生もOK
 
 
アコムの特徴

アコムも初めての利用の場合は契約日の翌日から30日間金利が0円というお得なサービスがあります。ただし返済期日を「35日ごと」にする必要があります。 審査時間もとても早くて、最短30分で回答があるので、早めの時間帯で申し込めば即日の利用も十分に可能です。

利用限度額 1万〜800万円
評価 評価5
申込資格 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方。学生OK
 
 
アイフルの特徴

アイフルも初めての利用の場合は最大30日間利息が0円になるのでお得です。 またアイフルも審査のスピードが早く即日融資も可能です。(ただし、申込の時間帯により翌日以降になる場合もあります。)

利用限度額 500万円
評価 評価5
申込資格 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する「給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生」の方で、当社基準を満たす方。学生OK
 

学生専用ローンという選択肢もありますが・・・

一般的なキャッシングに対して学生のみが利用できる学生専用ローンというのもあります。
上で紹介している大手の有名なキャッシング会社では取り扱いはなく、ほとんどは中小規模のキャッシング会社がやっています。

 

で、学生専用ローンだと一般のキャッシングと何が変わるかというと

  • 学生という理由で断られることがない
  • 少額の申し込みには向いている

メリットと言えるのは、この2点です。
学生でも申込資格は一般と同じ満20歳以上(例外もありますが)ですし、金利や審査の基準もほぼ同じ。
大手の場合は審査に通過したときの最低の借り入れ限度額はほとんど10万円以上に設定されています。
限度額5万円なら審査OKという方でも10万に満たない場合は利用不可になることが多いです。

 

その点、学生専用ローンなら最低の利用額は1万円からなので、限度額5万円なら審査OKという方は学生専用ローンでは5万円までの借り入れはできます。

 

逆に学生専用ローンのデメリットもあります。

  • コンビニや銀行のATMで返済ができない(銀行振り込みのみ)
  • 臨時で返済したい場合は電話で連絡が必要

これは、かなり面倒に感じる方も多いのでは?
コンビニATMで返済できるなら、少しお金に余裕ができたときにこまめに返済することができますが、学生専用ローンの場合は連絡して振込む必要があります。
まとまったお金が入ったからとかならいいですが、少ない金額だとなかなか連絡しにくいですよね?

 

以上の点を考えるとお金を借りたい学生の方は大手キャッシングのサービスがおすすめですね!